スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

エリザベス女王杯 武豊落馬 ポルトフィーノのポテンシャル

JUGEMテーマ:競馬
  まあ書きたいことはタイトルどおりでありまして。
まず武豊騎手がポルトフィーノからスタート直後に落馬しました。
ちなみにノーリーズンで同じことをやったときは実家で父とテレビを観ていましたが、全て武豊絡みの馬券を買っていた父が隣で凍り付いていたことを今でも覚えています(笑)

サンスポさんからちょっと写真拝借すると、
武豊落馬
まずこうやって武豊騎手は落ちたわけですね。
スタンド前の発走だけに起き上がるに起き上がれなかったという面もあったと思います。

テレビを観ていた限りでは、内から猛然と全馬を抜き去り先頭に立ったカラ馬ポルトフィーノがコスモプラチナの前を快調に先頭で飛ばし、4コーナー回る頃には画面からいなくなってどっかいっちゃたのかな?疲れて止まっちゃったのかな?と思ってました。

あ、ちなみに最近全く競馬モードじゃないために馬券も買ってなかったのでこんなやじ馬的見方ができるほど余裕があったんです。
テレビカメラも先頭を行くポルトフィーノをどうするべきか?カメラワークに迷ってるフシが見られました(笑)

そしたら直線なかばで突然大外からカラ馬ポルトフィーノが画面に現れてそのまま先頭でゴールイン!

カラ馬ポルトフィーノ

リトルアマポーラより負担重量が54キロ軽かった(騎手のぶんね)とはいえ、馬の意思だけで走り抜いたのは立派だと思います。更にあれだけ大外回ってきて先頭ですよ。
だって、ポルトフィーノの後ろで逃げたコスモプラチナはシンガリ負けだったわけですから。

カラ馬と騎手が乗っている馬ならやっぱりカラ馬のほうが有利なんですかね?
騎手の扶助がある分効率的なレース運びができるのと荷物を何も背負ってないのはどちらがいいのか、誰か教えてくれないかなぁ。
ポルトフィーノのこの幻の1着にどれくらい価値があるのかって今後の予想で重要だと思うんですけどね。
だって、結構強い競馬でしたよ、これ。
   
category : レース回顧 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

   
category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

エリザベス女王杯 武豊落馬 ポルトフィーノのポテンシャル | 投資競馬の時間サイトトップへ
     

メルマガ登録はこちらから

携帯用メルマガ登録フォーム

  • 携帯でご覧の方はお手数ですがこちらのフォームより登録してください。
  • 馬券を買いに出ててもいつでもすぐに読める携帯メルマガです。

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

    

過去記事

参加ランキング一覧

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM