スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

マーシュサイド ジャパンカップ2008 外国馬情報

JUGEMテーマ:競馬


ジャパンカップ出走外国馬情報、最後はマーシュサイド(米)ですね。
実はこの馬が一番2008年ジャパンカップでは有力な外国馬だと思っていますが、まず血統からいきましょうか。

マーシュサイド(牡5) 父:Gone West 母父:Pleasant Colony

マーシュサイドの父Gone Westについてはペイパルブルのところにも書きましたが、今年の衝撃の凱旋門賞馬ザルカヴァと同じ父系です。
上級ミスプロ系であり、キングマンボなんかのイメージじゃないでしょうか。
ジェイドロバリーやウッドマンとは違うタイプだと思います(笑)

そして母父Pleasant Colonyは破壊力のリボー系。タップダンスシチーが9馬身差で勝ったジャパンカップは単勝取ったなぁと懐かしく思い出しました。
ちなみにタップダンスシチーの父はPleasant Colony産駒Pleasant Tapですね。
ファインモーションが1番人気だった有馬記念でいきなり13番人気2着と好走して大穴を開けました。
さすがリボー系、大一番に強い!とみんなこぞって後付けで言ってましたね(笑)

カナダ、北米の芝はやはり日本に近いものがあります。
芝丈が短く馬場も固くスピードの出る馬場。実際にマーシュサイドが勝ったカナディアン国際Sは勝ち時計2.28秒台ということで、そこまで悪いタイムではないでしょう。
ジャパンカップが府中の2400mで行われる以上、モンジューやガリレオ産駒といったサドラー系のヨーロッパステイヤーよりはマーシュサイドのほうが血統的にも戦績的にも狙いやすいですよね。
まあ、みんなそう考えるんでしょうけど。

いや、福島2000mでやるなら別ですよ(笑)
   
category : 気になる馬 | comments(2) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

   
category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment
やっぱりリボー入ってると、大一番で強いんですかね?
今日のマンハッタンスカイもなんですが、
父系、母系にリボーがあり若干の?クロスでした。。。
(7×5って遠すぎるか…?)

最近リボーを探す癖がついてるんです。
昨日のスーパーホーネットも入ってましたもんね〜。


お疲れさまです!
Posted by: ヒゲ |at: 2008/11/24 7:35 PM
>ヒゲさん
毎度です。大一番のリボー、有名ですよね。
でもあんま薄くても意味ないんじゃないかなーって気がしないでも・・・(笑)
スパイス程度に見てます。
Posted by: sh |at: 2008/11/25 11:04 AM








Trackback

マーシュサイド ジャパンカップ2008 外国馬情報 | 投資競馬の時間サイトトップへ
     

メルマガ登録はこちらから

携帯用メルマガ登録フォーム

  • 携帯でご覧の方はお手数ですがこちらのフォームより登録してください。
  • 馬券を買いに出ててもいつでもすぐに読める携帯メルマガです。

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

    

過去記事

参加ランキング一覧

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM