スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

ティンカップチャリス ジャパンカップダート2008招待馬情報

JUGEMテーマ:競馬


ジャパンカップダートって今のところ妙味がないような気がしませんか?
結局カジノドライヴって出走できるんですか?日本じゃ1勝馬ですよね。

まあいいか。とりあえず2008年ジャパンカップダートの出走外国馬情報です。
ティンカップチャリスからいきましょう。

・Tin Cup Chalice
父:Crusader Sword 母父:Spectacular Bid

ティンカップチャリスはアメリカのG2インディアナダービーの勝ち馬です。
血統的にはダマスカス系の父系になりますね。
日本ではエイシンワシントンやバトルラインの父オジジアンが有名です。
母父であるSpectacular Bidは79年アメリカ2冠馬で、ケンタッキーダービーを1番人気で勝った最後の馬という栄光の枕詞が2000年にフサイチペガサスが勝つまで21年間自分のものにしていました。
ボールドルーラー系です。

父クルセイダーソードはアメリカG1ホープフルSの勝ち馬で、今のところこのティンカップチャリスが代表産駒ということになるのでしょうか。

ダマスカス系といえばなんというか粘るスピードという感じ。重いトラックが一度スピードに乗ってしまえばなかなかスピードが落ちないというイメージです。
実際エイシンワシントンはあの重戦車のような馬体で逃げては粘りに粘り、マイルチャンピオンシップ3着、そしてスピリンターズSではフラワーパークとの壮絶な死闘で1cm差の2着という実績を作りました。
あの長い写真判定は今でも語り草ですよね。
そして、今年の秋の天皇賞を上回る僅差の決着ということで最近競馬雑誌などでもよく記事をみかけました。
G1僅差記録みたいなやつで。

アメリカのダート競馬ってテンからビュンビュン飛ばしてどれだけ粘れるかの争いですから、こういう血統が生き残っていくのは納得です。
ティンカップチャリスもジャパンカップダートで前に行ければ面白いのかも知れませんが、いかんせん実績がG2程度ではとても本命にはできないですよねぇ。
   
category : 気になる馬 | comments(3) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

   
category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment
重賞同着は認めてないんでしょうか?マキバオーみたいに。
同着って賞金振り分けどうなってるんですか?
Posted by: マキバオー |at: 2008/11/29 9:55 PM
>マキバオーさん
重賞で同着ってありますよ。
07年の阪急杯がエイシンドーバーとプリサイスマシーンの1着同着でした。
G1ではまだないですけど。

賞金は例えば1着が同着なら、1着と2着の賞金を足して2で割った金額がどちらの馬にも支払われるそうですよ。
Posted by: sh |at: 2008/11/29 10:53 PM
なるほど!さすが!!勉強になります!
Posted by: マキバオー |at: 2008/12/01 4:05 AM








Trackback

ティンカップチャリス ジャパンカップダート2008招待馬情報 | 投資競馬の時間サイトトップへ
     

メルマガ登録はこちらから

携帯用メルマガ登録フォーム

  • 携帯でご覧の方はお手数ですがこちらのフォームより登録してください。
  • 馬券を買いに出ててもいつでもすぐに読める携帯メルマガです。

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

    

過去記事

参加ランキング一覧

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM