スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

フロストジャイアント ジャパンカップダート2008 招待外国馬情報

ジャパンカップダート出走外国馬情報です。
フロストジャイアントについて、早速血統からいってみましょう。

そういえば、私が血統に興味を持ったきっかけはこれでしたね。あ、昔のヤツですよ。

フロストジャイアント Frost Giant
父:Giant's Causeway 母父:Gone West
出ました、ストームキャット系。ただ、父のジャイアンツコーズウェイは2000年の欧州年度代表馬なんですよね。
短期間でエクリプスSなどG1を5連勝して「鉄の馬」なんて呼ばれた名馬です。
母父はジャパンカップ関連ではすっかりおなじみになったゴーンウエストですし、フロストジャイアントはなんとなく欧州の香りがする馬ですね。

それもそのはず、フロストジャイアントは元々エイダン・オブライエン厩舎に所属する欧州馬でしたが、アメリカにトレードされたという過去を持つ馬なんです。

日本でいうストームキャット系といえば、最近ならゴスホークケン、ダートならサンライズバッカスですか。
あとはシーキングザダイヤとか。
ダーッといって粘り込むアメリカ野郎です。スピードの持続力で勝負!って感じ。
ティンカップチャリスのダマスカス系とはまた一味違うイメージですけどね。

この傾向って実はバカと紙一重で(笑)
現に日本でストームキャット系はあまりスマートなレースができずにバカッぽいイメージがつきまといます。
有名なのがサンデー×母父ストームキャット系のバカさ加減というかアテにならなさ加減でした。

良血サンデー産駒がダントツ人気で飛ぶ場合、この母父ストームキャット系というのがとても多かったものです。
アメリカで大成功のストームキャットですから、当然マル外として輸入すれば高値がつきます。
もちろん話題になりますよね、高額マル外なら。それがバカでさっぱり走らなかったりするもんだから見てる側は面白いんです。

で、舶来コンプレックス丸出しの日本人はアメリカで大活躍のストームキャットという字面が血統表に入ってるだけで良血馬に仕立て上げちゃうんですよ。ハリボテの良血サンデー産駒完成です。
いやあ、懐かしいです、母父で探るサンデー占いみたいな。
また機会と時間があれば書きます。

と、話を元に戻しましょう。
ストームキャット系ということで、フロストジャイアントも前に行って粘るレースをすれば面白いかもしれませんね。
ただ、ジャイアンツコーズウェイ産駒自体は日本でも50頭弱の登録がありますが今のところ目立った活躍馬は出ていません。

フロストジャイアントはアメリカでサバーバンH(G1)を勝っていますが、仕上がり早のストームキャット系にあってこの5歳という馬齢がどうか?日本の重いダートが合うか?これはもうやってみないとわかんないですからね。

JUGEMテーマ:競馬


   
category : 気になる馬 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

   
category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

フロストジャイアント ジャパンカップダート2008 招待外国馬情報 | 投資競馬の時間サイトトップへ
     

メルマガ登録はこちらから

携帯用メルマガ登録フォーム

  • 携帯でご覧の方はお手数ですがこちらのフォームより登録してください。
  • 馬券を買いに出ててもいつでもすぐに読める携帯メルマガです。

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

    

過去記事

参加ランキング一覧

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM