スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

2008ステイヤーズS 登録馬情報

今週はジャパンカップダートだけじゃないですね。
お楽しみの名物G2ステイヤーズSがあります。

ステイヤーズSといえば思い出すのはやっぱりこの年でしょう!
ということはつまり、去年の勝ち馬マキハタサイボーグが2代制覇を達成したということですよ。
この偉業はもっと称えられていいと思うんですが、あまり言われませんでしたね(笑)

2008年ステイヤーズSの登録馬をまたズラッと並べておきますね。

◆第42回 ステイヤーズS(G2)
サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン 別定

エアジパング 57.0
エターナルスマイル 57.0
エプソムアルテマ 57.0
エーシンダードマン 57.0
ゴーウィズウィンド 57.0
シグナリオ 57.0
セタガヤフラッグ 57.0
テイエムプリキュア 55.0
トウカイエリート 57.0
トウカイトリック 57.0
トウショウシロッコ 57.0
ドットコム 55.0
ドラゴンファイヤー 57.0
トレオウオブキング 57.0
ナイアガラ 57.0
ニシノデュー 57.0
ビエンナーレ 55.0
ヒカルカザブエ 55.0
フローテーション 55.0
ベンチャーナイン 55.0
ボランタス 57.0
マキハタサイボーグ 58.0
マンハッタンスカイ 57.0
メイショウカチドキ 57.0
メイショウクオリア 56.0
メジロコルセア 57.0
レッドアゲート 53.0

狙ってみたい馬はいますか?
ステイヤーズSはコーナーをグルグル回るレースですので、あまり不器用な馬が人気になってると喜んで蹴飛ばすことができる楽しい重賞です。

狙い方のポイントやコツなどはまた出走馬が確定したら書きます。
こういうスタミナ比べの消耗戦になりやすいレースはいいですよー。
思いもよらない馬が穴を開けてガッツリ儲けるチャンスですからね♪
そんな思いもよらない馬を狙って馬券を当てる快感はもう一度味わうと忘れらないですよね!

ということで初訪問の方、ブックマークよろしく!(笑)

JUGEMテーマ:競馬


   
category : レース情報 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

2008ジャパンカップ 枠順とウオッカ雑感

JUGEMテーマ:競馬


ジャパンカップの枠順書いときます。


( )内は性齢、騎手・厩舎

1-1 オウケンブルースリ(牡3、内田博幸・音無秀孝)
1-2 メイショウサムソン(牡5、石橋守・高橋成忠)
2-3 トーセンキャプテン(牡4、O.ペリエ・角居勝彦)
2-4 ウオッカ(牝4、岩田康誠・角居勝彦)
3-5 ダイワワイルドボア(牡3、北村宏司・上原博之)
3-6 パープルムーン(セン5、J.スペンサー・L.クマーニ)
4-7 ネヴァブション(牡5、横山典弘・伊藤正徳)
4-8 トーホウアラン(牡5、藤田伸二・藤原英昭)
5-9 ディープスカイ(牡3、四位洋文・昆貢)
5-10 オースミグラスワン(牡6、川田将雅・荒川義之)
6-11 シックスティーズアイコン(牡5、J.ムルタ・J.ノスィーダ)
6-12 マーシュサイド(牡5、J.カステリャーノ・N.ドライスデール)
7-13 マツリダゴッホ(牡5、蛯名正義・国枝栄)
7-14 ペイパルブル(牡5、R.ムーア・M.スタウト)
7-15 アサクサキングス(牡4、C.ルメール・大久保龍志)
8-16 スクリーンヒーロー(牡4、M.デムーロ・鹿戸雄一)
8-17 アドマイヤモナーク(牡7、安藤勝己・松田博資)
8-18 コスモバルク(牡7、松岡正海・田部和則)

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。


ウオッカってやっぱりまた岩田が強気の先行策を取るんでしょうか?
安田記念はマイルだからこそあの競馬がハマッたと思いますが、府中2400mであの競馬じゃ止まってしまうような気がしなくもないな。
そういえばウオッカはG14勝で、これは牝馬としてはメジロドーベルの5勝に次ぐ数字らしいですね。
だけどメジロドーベルのG1勝ちは全て牝馬限定でのもの。
対してウオッカはダービー、安田記念、天皇賞の3勝が牡牝混合戦でのもの。
これは史上初なんですよね。

ウオッカは牡馬に混じっての厳しい流れでこそギューンと伸びてくるという証明です。

直接対決ではダイワスカーレットに分が悪いウオッカですが、実績的にはもう歴史的名牝になっちゃいましたね。
ジャパンカップもブッコ抜くようなことがあれば、これはもう数十年に1頭の馬になりますよね。
   
category : レース情報 | comments(2) | trackbacks(0)
ページトップ▲

2008年ジャパンカップ

JUGEMテーマ:競馬


ジャパンカップについて、ちゃんとしたデータを残しておきます。

ジャパンカップは1着賞金が2008年現在で2億5000万円。これはJRA全レース中最高額賞金のレースです。
そして外国招待馬はいわゆるアゴアシ付きで招待されます。
つまり、こういうこと。

『外国から当競走に出走する場合には競走馬の輸送費、滞在に要する厩舎や飼料にかかる費用、馬主、調教師、騎手、厩務員(馬主、調教師、騎手についてはその配偶者も含む)の交通費や宿泊費はJRAが全額負担する。このような遠征に要する諸費用の負担を外国からの全出走馬に行う競走(招待競走)は日本ではこのほかに中山グランドジャンプ、ジャパンカップダートがある。世界ではドバイミーティング(ドバイワールドカップなど)、香港国際競走がある。』
from Wikipedia


外国馬離れが止まらないジャパンカップ、JRAも有力外国馬の招待に必死です。
まずは外国馬に与えられている優先出走権があります。
これは、英キングジョージの1、2着馬、独バーデン大賞の1着馬、愛チャンピオンSの1着馬、仏凱旋門賞の1、2着馬にそれぞれ与えられるもの。
指定レースの該当馬に優先出走権を与えることで早めにオファーを出せるようになり、香港国際競走よりジャパンカップを選んでもらおうという作戦です。

2008年ジャパンカップ、まんまと招待に失敗してますけどね(笑)

それから報奨金制度。これは2008年マイルチャンピオンシップに出走していたラーイズアトーニーも該当していましたが、JRAが指定するレースの1着馬か2着馬が優勝した場合、優勝賞金とは別に報奨金が出るという制度です。
一覧でどうぞ。


◆指定レース優勝馬1億3千万、2着馬5千万の報奨金支給レース

・英 ダービーステークス
・仏 ジョッケクルブ賞
・愛 アイリッシュダービー
・日 宝塚記念 ※外国調教馬に限る
・英 キングジョージ6世&クイーンエリザベスS
・仏 フランス凱旋門賞
・米 ブリーダーズカップターフ

◆指定レース優勝馬のみ1億円の報奨金支給レース

・米 アーリントンミリオン
・独 バーデン大賞
・愛 アイリッシュチャンピオンステークス
・加 カナディアンインターナショナルステークス
・豪 コックスプレート

2008年はカナディアンインターナショナルS優勝馬であるマーシュサイドが出走してきます。


ジャパンカップについて、いや他のどんな国際競走にしてもそうなんですが覚えておいて欲しいことがあります。
それは、日本でやる以上一番有利なのは日本馬で、あとの外国馬は全て同条件です。
日本の芝で走るということは日本馬の地の利はもちろん、外国馬の実績なんて全くアテにならんということ。
香港馬が人気薄で激走したことが目立った時期があったり、欧州の実績馬が人気になってサッパリだったりするということは馬券を買う側が「日本の馬場で走る」ということで意識を最適化していない証拠でしょ。

ということを踏まえた上でジャパンカップを予想しましょう。
   
category : レース情報 | comments(3) | trackbacks(1)
ページトップ▲
Page: 2/2  << 
レース情報 | 投資競馬の時間サイトトップへ
     

メルマガ登録はこちらから

携帯用メルマガ登録フォーム

  • 携帯でご覧の方はお手数ですがこちらのフォームより登録してください。
  • 馬券を買いに出ててもいつでもすぐに読める携帯メルマガです。

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

    

過去記事

参加ランキング一覧

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM