スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

アルゼンチン共和国杯とアルナスラインとグラスワンダー

JUGEMテーマ:競馬
  競馬のこと考えてちゃんと毎週観ないと馬券は当たりませんね。
って、当たり前か(笑)

スクリーンヒーロー

スクリーンヒーローは去年のラジオNIKKEI賞でロックドズカンブの2着だった馬です。
それが巡り巡ってアルゼンチン共和国杯を勝つ馬になっちゃいました。

このレースを振り返るときにどういう見方をするかで今後の馬券戦略も別れていくと思うんです。
特にアルナスラインにどういう評価をするか、ですね。
アルナスラインはテレビの解説の人も言ってましたが、どうやら「煮え切らない勝ちきれない馬」という烙印を押されてしまったっぽいです。

が、どうでしょうか?
アルナスライン分析をしてみましょう。

今年のアルナスラインの戦績は、

メトロポリタンS 東京芝2400m ぶっちぎり
目黒記念    東京芝2500m ホクトスルタンにクビ差負け
宝塚記念    阪神芝2200m よくわからず10着
京都大賞典   京都芝2400m 切れ味負け6着
アル共      東京芝2500m 抜け出したけど差されて3着

私にはどうしてもナマクラな煮え切らない馬という印象がしっくりこないんです。

アルナスラインって、世間が思ってるほどスタミナがないだけなんじゃないの?って。

東京2400mをぶっちぎって勝ってるところが盲点になってますが、実は東京2400mと2500mは問われるスタミナが全然違って、たった100m距離が伸びるだけでもの凄くスタミナが問われるんですよね。
だから毎年目黒記念もアル共もスタミナ比べのステイヤーしか来れないレースになります。

メジロマックイーン産駒のホクトスルタンに逃げ切られた目黒記念も、実は評価すべきはホクトスルタンのあり得ないスタミナだと思うんですよね。

宝塚記念も同じくスタミナ比べの厳しい消耗戦になります。
菊花賞馬アサクサキングスがふらふらになって斜行していたようなレースです。

京都大賞典は、あんなスローの瞬発力勝負のレースでケツから行ってちゃ話になりません。
展開のアヤでいいでしょう。

そしてアルゼンチン共和国杯。
あの最後のガマン比べでまいった〜って感じの負け方はスタミナ切れでしょう。

これからアルナスラインがそういう使い方をされるかはわかりませんが、私は中距離から2400mくらいの距離でこそ頭で狙ってみたいと思いました。


それから勝ったスクリーンヒーローについて。

札幌の支笏湖特別→札幌日経OP→アルゼンチン共和国杯

このローテーションって実はアル共とリンクするゴールデンロードなんですよね。
ローカルの2600mってステイヤーしか来れない距離ですから、中途半端なオープン実績より、こういうコテコテのステイヤーを狙った方が穴になるという典型的なパターンでした。

トウカイテイオー産駒ナチュラルナインが全く同じローテで2着に来たアル共を思い出しましたよ。

ステイヤーのニューヒーローの誕生ですね。
グラスワンダー産駒というのがまた嬉しいです。

   
category : レース回顧 | comments(2) | trackbacks(0)
ページトップ▲

天皇賞秋の激闘

ウオッカ

いやあ、久しぶりに競馬で感動しました。
ちょっと最近本当に忙しくて競馬関係に何も手をつけられてません。
メルマガを楽しみにしてくださっている方には申し訳ないと思いつつも・・・。

そんなこんなで昨日の天皇賞にしても別に期待もしてなかったわけです。
3強対決で豪華メンバーと騒がれていましたが、それなら余計馬券的妙味もないわけだし。

ウオッカとダイワスカーレット、どっちが先着するか?なんて馬券的観点からすればほんとどうでもいい話だし。

さすがにあんなレースを見せられちゃ滞ってるブログ記事もエントリーするしかないでしょう。


格言があります。

「2強対決はどちらかが着外に沈み、

   3強対決はその3頭での決着になる。」

聞いたことありませんか?昨日の結果はまさにこれでした。

が、そんなヤボなことは言いたくない名勝負だったと言って間違いないんじゃないでしょうか。
逃げたダイワスカーレット、追ったウオッカとディープスカイ。


ウオッカとダイワスカーレットの対決ということにだけ焦点を当てれば、ウオッカに有利な材料をいくつも見つけることができるレースでした。

・得意の府中
ウオッカには広いコース、中でも府中が本当に合っているのでしょうね。
こういう特徴は晩熟型欧州血統によく見られる傾向です。
ウオッカの父系を遡ると、ロベルト系ということになりますが、この系統の上級馬らしい特徴に牝馬らしいキレを備えた馬がウオッカということ。


・牡馬相手の芝2000m
「ウオッカは瞬発力勝負が得意」という幻想を抱いてはいけません。
ウオッカの末脚が爆発するのはあくまでも「道中が緩まないハイペース時」であり、勝ったG1はハイペースの阪神JF、牡馬相手のダービー、安田記念、そして昨日の天皇賞。
スローから直線勝負は実は苦手なウオッカちゃんなのです。

ライバルダイワスカーレットの得意技は「テンで速い脚を使い、中間をスローに落とし、終いを33秒台でまとめる」という競馬。
この競馬でウオッカはダイワスカーレットに何度も敗れ去り、そして牝馬相手でスローだったヴィクトリアマイルをも取りこぼしました。

ウオッカが勝ったレースの勝ちタイムを見てみましょう。大抵速いです。
これはウオッカの能力スイッチがハイペースになったレースでこそオンしやすいからであり、相対的に牡馬のレースの方がハイペースになりやすいからなのです。


・自身は叩き2戦目なのに対しダイワスカーレットは休み明け
ダイワスカーレットの安藤騎手の談話「いつもより道中リキんで走っていた」に全てが集約されていますね。
それからもう1点ダイワスカーレットの誤算は、トーセンキャプテン・ペリエにつつかれてうまくペースを落とせなかったことでしょう。
元騎手田原氏によると、「逃げ馬が2番手の馬にピタリとつけられたときにかけられる心理的プレッシャーというのは想像以上に大きく、見た目のペースに現れなくてもスタミナを削り取られるもの」だそうで、2cm差という名勝負を演出した陰の立役者は実はペリエなのかもしれません。

12.6 - 11.1 - 11.5 - 11.9 - 11.6 - 11.6 - 11.7 - 11.3 - 11.3 - 12.6

↑天皇賞のラップです。
ダイワスカーレット・アンカツは本当は5ハロン目以降を12秒台に落としたかったはずですよね。
それをトーセンキャプテンに突っつかれたことによって逆にペースを上げざるをえなくなってしまっています。

最後の1ハロンがガクッとタイムの落ちる本当に余力のないサバイバルレースだったんです。


こう振り返ってみると、逆にダイワスカーレットのバケモノ的強さが浮き彫りになりませんか?
得意条件で全てがうまく運んだように見えるウオッカに対し、ダイワスカーレットは休み明けで力み、ペリエのプレッシャーでペースを落とせず、それでいてあの大レコード決着を2cm差の2着に踏ん張っているわけですよ。

突っついていたトーセンキャプテンは全く歯が立たず、そして4着以下には後方待機で道中死んだフリの馬たちが大挙して押し寄せたズブズブ決着のレースを逃げて、差し返しての2cm。

ダイワスカーレットに有利に働いた条件を強いて挙げるとすれば、
「改修後の府中は内がよく伸びる馬場、特に坂上の二枚腰を発揮しやすい」ということでしょう。
それにしても尋常じゃない粘り腰でしたけど。


サンデー産駒全盛時によく見られた、
「超スローペースでレースの上がり33秒台、5頭がゴールで横一線」みたいなインチキ名勝負じゃありません。
「死力を振り絞ってハイペースを走りぬいた末の2cm差」なのです。

このレースの本当の価値をわかる人が果たしてどれくらいいるのでしょうか?
少なくとも、「グラスワンダーとスペシャルウィークの有馬記念に似ている」などとピントのズレたこと言ってる人たちとは仲良くできそうにありません。


21世紀最初の後世に語り継がれるべき名勝負だったと思います。
本当に感動しました。
   
category : レース回顧 | comments(4) | trackbacks(0)
ページトップ▲

札幌記念回顧

JUGEMテーマ:競馬


タスカータソルテはやはり小回り向き。
札幌記念は見事な末脚でブッコ抜きましたね。

ってか、なかなかメルマガが書けません(>_<)
土日が立て込んでしまうことが最近多くて・・・。
まあ、そんな想定外の配当でもなかったのでメルマガ出しても多分マツリダゴッホはいらねぇとか書いてたと思います(笑)

1000m通過が58秒台というペースで人気の馬も頑張りました。
あれだけ速いペースだとわけのわからん穴馬が3着に突っ込んできたりするものなんですけどね(笑)

マンハッタンスカイ、マイネルチャールズが先行集団から着外に脱落する中、メイショウレガーロは2番手の競馬からよく5着に残ったと思います。
これは次走以降人気がなければ狙ってみたい馬です。

ハイペースの競馬で前に行って踏ん張れた馬を次で狙う
単純ながらおいしい馬券にありつけます♪

それから、ジャングルポケット産駒はやはり小回り向き
札幌記念の収穫はこの2点でしたね。
   
category : レース回顧 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

北九州記念回顧

JUGEMテーマ:競馬


ネタが小出しになってしまって申し訳ありませんが、今日は北九州記念の回顧です。
スリープレスナイトが圧勝しました。
馬場が悪いと強い血統って知ってます?
ミスプロ系、デピュティミニスター系、コジーン系が最近だと目立つかな。

去年のスプリンターズS、不良馬場で逃げ切ったのは父アドマイヤコジーン(コジーン系)×母父ウッドマン(ミスプロ系)のアストンマーチャン。
今年の金鯱賞、宝塚記念と湿った馬場を連勝したエイシンデピュティは父フレンチデピュティ(デピュティミニスター系)、そして北九州記念を勝ったスリープレスナイトの父はクロフネ、その父フレンチデピュティということはもちろんデピ系。

ミスプロ系が雨馬場に強いことはみんな知ってることでしょうけど、デピ系(特にフレンチとクロフネ)の重馬場適性は特筆モノだと思います。

こういう知識って何も穴馬券を獲ることだけに役立つことじゃないんですよね。

例えば、北九州記念なら「この馬場ならスリープレスナイトで鉄板だろう」と、人気馬を安心して買える材料にもなるんです。

そんなこんなで私はスリープレスナイトとマンテンハットの1点買いをして外したんですけどね(笑)
ハンデは50キロだし前走は着順の割に0.3秒しか負けていないし、これはマンテンハット絶好の狙い時だ!という目も節穴だったようで。
テイオー産駒は「時計のかかる良馬場は得意だけど重馬場は苦手」という難儀な馬が多くて困りものですね orz
   
category : レース回顧 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

クイーンS回顧

JUGEMテーマ:競馬


ヤマニンメルベイユがアッサリ逃げ切って重賞2勝目を飾ったクイーンSですが、やはり先週書いた通り内枠の先行馬がアッサリでした。

エフティマイアもプラス24キロでよく頑張ったと思いますし、レジネッタは外からよく差してきました。レジネッタは強いですね。

展開の利を一番受けていたのがフミノサチヒメでしょう。
やはり内からスルスルと差してきて12番人気で3着。
実はこのフミノサチヒメ、これまで札幌で3着を外したことは1回しかなかったんですよね。

こういう馬をピンポイントで狙い撃ちして穴馬券取りたいですねー。
いかにも臭かったですもんね。
ってかそういうメルマガ書こうと思ってたんですけど、盆休みでバタバタしてました orz

・・・いやぁ、自分も馬券買ってないし完全負け惜しみです(笑)
違う、最近ちょっと調子落とし気味で自信がなかったってのが一番かな(爆)
   
category : レース回顧 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

三浦皇成重賞初制覇!

JUGEMテーマ:競馬


三浦皇成騎手に尽きるでしょう。
函館2歳Sはフィフスペトルが直線鮮やかに抜け出し2馬身半差で圧勝。
新種牡馬キングカメハメハ産駒も早くも重賞初制覇で記録ずくめですね。
普通なら馬を中心に記事書くんですけど、今回ばかりは三浦皇成をクローズアップせざるをえないでしょう。

史上最速ペースで勝ち星を量産する18歳の新人騎手三浦皇成騎手、あの武豊騎手の持つ新人年間勝利数69を抜くかも知れません。

やっと飛び抜けた才能を持つジョッキーが出てきた気配ですね。

私の予想は地を這う低レベルさ。
メルマガに書いたメジロチャンプは発走除外、いらないと書いたフィフスペトルは圧勝。
馬には能力ってもんがあることをちゃんと考えないといけませんね。
デビューしたての2歳馬は特にポテンシャルがよくわからん!

なんてしょうもない言い訳を(笑)

三浦皇成にあやかりたいです。
   
category : レース回顧 | comments(1) | trackbacks(0)
ページトップ▲

小倉記念回顧

JUGEMテーマ:競馬


ドリームジャーニー強かったですねぇ〜。

メルマガでは◎カネトシリベルテ。
推奨馬として、
ドリームジャーニー
ダイシングロウ
ケンブリッジレーザ
サンレイジャンスパー
レインダンス

「レインダンスは微妙」って書きましたが、まあ一応。
これだけ美しいタテ目だともう芸術じゃないですか?(笑)

さあ、芸術の全てをバックナンバーで確認だ!

ちょっとメルマガの構成考えたほうがよさそうですね。
攻めの予想という意味であえて穴馬を本命にしているんですが、人気馬に対する見解を書いて、それから穴馬をピックアップする方がいいかな〜なんて。

小倉記念にしても、ドリームジャーニーの格が違うのは一目瞭然じゃないですか。
中山マイルで朝日杯勝ちがあるように小回り適性もある。
先行有利の朝日杯を大外一気で勝ったような馬ですから、スイッチが入れば圧勝は当たり前だと思いながらもわざわざ穴馬を探して本命にするのは正直しんどい(笑)

という愚痴はさておき、小倉記念は狙いどおりでヘイロー系が3着までを独占しました。
ヘイロー系×グレイソヴリン系で注目と書いたケンブリッジレーザが3着に激走してくれたことは良かったです。

カネトシリベルテは1頭だけ2100mくらい走ってましたけど(笑)
まあ、また強気の格上挑戦して欲しい馬です。
   
category : レース回顧 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

100%軸馬敗れたり!

JUGEMテーマ:競馬


100%軸馬という馬券術を先日紹介しました。
まあ細かい内容は当該記事を読んでもらうとして、例にあげた北九州短距離Sはどうだったのか?と言われれば唯一の該当馬であるマルカフェニックスが8着に敗れ去るという体たらくぶりで。

しかもマルカフェニックスは武豊騎手が騎乗して1番人気!
函館記念と合わせて恥の上塗りをしてしまいましたね(笑)

ただ、この馬券術はほんと使えます。
軸じゃなくても、「相手で迷ったときは当該コース実績を確認して成績の良い方を買う」とか、アレンジはいくらでもきかせられます。

コース実績っていつも話しているようにとても重要な要素で、そのコースで連対経験があるということはコース適性は間違いなくあるということじゃないですか。

細かく見る前に、オートマティックに振るいをかけるという意味でも、予想するのがめんどくさくて軸にしてしまうのも、使い方はあなた次第ですが私は今でも重宝している作戦だったりします。


それから、「小倉の前半はヘイロー系が強い」という話もしましたが、スペシャルウィーク、ダンスインザダーク、アグネスタキオンが揃って撃沈。

ちなみに勝ったクールシャローンの父キングヘイローは母父ヘイローです。
だから半分当たりじゃダメ?(笑)
   
category : レース回顧 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

函館記念回顧

JUGEMテーマ:競馬


函館記念、ものすごくとっ外れたメルマガを発行してしまいました。
ごめんなさいm(_ _)m

「ジャングルポケット産駒は小回り2000mが得意」と書いたまではよかったんですけど、ジャングルポケット違いでした(笑)

でも、重要なのでこれはしっかりと記憶しておきましょう。

ジャングルポケットの父トニービン産駒の主戦場はと言えば、「東京、新潟外回り、ちょっと時計のかかる馬場、道悪」と相場が決まっていました。
不器用なタイプが多く小回りは苦手だったんです。

それがジャングルポケット産駒は小回りの方がいいみたいです。


エリモハリアーはやはりというか、鋭い脚で追い込んでハナ差の4着。
金鯱賞のやる気のない走りは何だったんだよというね(笑)
まあ、微妙に馬券に絡んでない着順なのでこれは切った人が正解ということになるんでしょうけど。

やはり巴賞との出し入れは使えますね。
巴賞シンガリ→函館記念1着!みたいな鮮やかに決まることはそうそうありませんが、来年以降も流れの違いには注意したいですね。

なんて、来年から函館はスタンド改修で休みでした orz
   
category : レース回顧 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

アイビスSD回顧

JUGEMテーマ:競馬


メルマガ本命はハナイチリン。
例年の傾向的にはバッチリの馬だったんですが、さすがに力が足りなかったご様子でした(笑)
しかも一頭だけ内に走っていく始末で。
いやいや、内を走るならせめてラチぴったりを走ってこんかい!と突っ込みを入れたくなるようなチグハグなコース取りで。

カノヤザクラは完勝でしたね。
だから来ても全然おかしくないって書きましたし、3着のアポロドルチェも内枠じゃなかったら本命にしてもよかったくらいなのでまあよいとしましょう。

ただ、2着のシンボリグランはノーマークでしたね。
これがちょっと失敗です。

ラップタイムは、
11.8 - 9.9 - 10.4 - 10.5 - 11.6

例年ほど最後の1ハロンでガクッとタイムが落ちていません。
この辺りもサクラバクシンオー産駒が勝ちきれた要因になるのでしょう。
スタミナの裏付けがそれほど必要とされなかったということですね。

こりゃまいった、のアイビスSDでした。
   
category : レース回顧 | comments(2) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 2/6  << >>
レース回顧 | 投資競馬の時間サイトトップへ
     

メルマガ登録はこちらから

携帯用メルマガ登録フォーム

  • 携帯でご覧の方はお手数ですがこちらのフォームより登録してください。
  • 馬券を買いに出ててもいつでもすぐに読める携帯メルマガです。

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

    

過去記事

参加ランキング一覧

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM